IchigoJamにタッチパネルをつなぐ(その2)

こんにちは。Orange Forestの橋本です。

この記事のつづきです
IchigoJamとタッチパネルNextionをつないで、目覚まし時計を作ってみよう!(ゆくゆくはおしゃべりロボみたいなものを作ろう)!
ということで、

まずはNextionとパソコンをつないでNextionの設定をしてみます。
つなぐための道具として…

シリアルUSBケーブルをAmazonで買いました!
¥680-。
USB to UART TTL シリアルケーブル

どうつなぐんだ?
お。電子部さんによると

ケーブル → タッチパネル
—————-
白(RXD) → TX
緑(TXD) → RX
赤(VCC) → +5V
黒(GND) → GND

だそうです。その通りにつないでみます。
NextionUSBUARTCable_connection

そしてケーブルのUSBのほうをパソコンにつないでみます。
IMG_0968
タッチパネルがつきました!
IMG_0969
では次はパソコンからNextionに設定をしてみます。
パソコンはMacを使います。
どうやってやるんだろう…? 今回はここまで。

IchigoJamにタッチパネルをつなぐ(その1)

こんにちは。Orange Forest 橋本です。
こちらの記事のつづきです

ジャンパーケーブルを買いに行く機会がなかなかないので、
Amazonで買うことにしました。
Aukru 65本セット オスオス ジャンパーケーブル

¥499-

ではこのケーブルを使って、先日買ったタッチパネルとIchigoJamを
つないでみます。

タッチパネルについていたケーブルにジャンパーケーブルをつないで、

その先をIchigoJamのそれぞれの印のところにつなぐ。
よくわからないので、適当につなげてみます。

IchigoNextionConnect
IMG_9566

この状態で電源をONしてみます。
IMG_9567

ついた!
この配線でOKのようです。

今日はここまで。
次はタッチパネルとパソコンをシリアルでつないで、タッチパネルのセットアップを行いたいと思います。

 

 

オリジナルのMacBook Proケース(スリーブ)を作ってみました!

こんにちは。Orange Forestの橋本です。

新しいノートパソコンのケースが欲しいな… と思って探していたら、
オリジナルのケースを作れるサイトを見つけました。

Casetify

こちらではiPhoneやiPad, MacBook のケースをオリジナルのデザインで作ることができます。自分のお気に入りの写真などを使ってレイアウトに貼り付けて行けば出来上がり!

ということで私は以前描いたアヒルの絵を使ってMacBookのケースを注文しました。
注文して9日くらいかな。届きました!
IMG_0657開けてみると…
IMG_0658

自分が描いた絵がプリントされている!(当たり前)

IMG_0659

今回は一枚絵をそのままプリントするように指定しましたが、何枚かの画像を並べることもできます。

IMG_0660

裏は黒でした。

IMG_0662

中も黒です。思ったよりも薄い感じ。でもしっかりとして丈夫そうです。

IMG_0663

さっそく13インチのMacBookProを入れてみます。

IMG_0664

すっぽり入りました。想像していたよりもゆとりがあり、左右それぞれ指一本くらいのすき間がありますIMG_0670

世界に一つだけのオリジナルケース。うれしい。

IMG_0675

アップです。予想よりも細かくプリントされていました。表面にはでこぼこがあり、防水機能が期待できます。

お友達紹介割引があります。
もし作ってみられたい方はこちらまでメールくださいね〜!
info@orangeforest.jp

アヒルの絵を使いたい方も
info@orangeforest.jp
までお知らせくださいね! 絵は無料でご提供します!

お子さまのがんばりを見える化!

icon
こんにちは。Orange Forestの橋本です。

いま、がんばりポイントというアプリを作っています。
もうすぐ初期リリースできる予定!
iPhoneとiPadで使えます。

1.ポイントためるこれ、どういう風に使うかというと、
例えばお子さんがお風呂を掃除してくれたとします。
そうしたら保護者の方が、アプリに例えば「50ポイントためる」と操作してください。
そうしてポイントが増えたことをお子さまに見せてあげてください。

たまったポイントは、例えばあらかじめお子さまと決めておいて、例えば
「200ポイントたまったら、ゲーム60分追加ね」
としておきます。
200ポイント以上たまったら、お子さまと一緒にアプリを見ながら
「200ポイント つかう」と操作してください。残高から200ポイントが引かれます。

そういうシンプルなポイント記録アプリなんですが、試しに作って使って見てもらったら、「かなりいい感じ!」と高評価!

・ポイントがたまっていくのをお子さまが見ることで、やる気が上がる!
・保護者さまがポイントの増減を記録する手間が省ける!
(これまではシール帳にシールを貼ったり、ノートに書いたりしていました)
・気分で約束を守ったり守らなかったり、と言ったことが減るので約束をフェアに実行できる。

このアプリは現在、リリース申請を行いAppleによる審査中です。
リリース開始したら、またこちらでお知らせしますね。
無料ですので、iPhone/iPadをお持ちの方、もし興味あったら使って見てください!

「お子さまのがんばりを見える化」としていますが、もちろん大人のがんばりを見える化してもOK! 自分用に使ってもOKです!

わたしは洗濯ものを畳んだら1ポイント。30ポイントたまったらレストランで豪華ランチ、にしようかな。