Twitter App登録 Callbackなどの入力内容

こんにちは!Orange Forestのはしもとです。

Twitter のListに登録されたアカウント一覧を入手したい!
ということでTwitter APIを使えるようにする作業。
前回の続きです。Callback URLの他にもいろいろもろもろ、入力項目があって
結局こういう風に書きました↓↓↓

  • App Name(必須): GetListAccounts
  • Application description (必須):Get accounts for each list.
  • Website URL(必須):https://orangeforest.jp/getaccounts
  • Enable Sign in with Twitter:チェックする
  • Callback URLs (上のチェックをすると必須になる):https://orangeforest.jp/getaccounts
  • Terms of Service URL:空欄のまま
  • Privacy policy URL:空欄のまま
  • Organization name:空欄のまま
  • Organization website URL:空欄のまま
  • Tell us how this app will be used:(必須):

After authentication, user get account list of the specified Twitter List.
The list will be used as a checklist or input helper by copy and paste for operation of each account.

ここまで入力して「Create」ボタンを押したら
注意事項が。 APIはルールを守って使ってくださいという。↓↓↓

わかりました! 守ります! と心の中で宣言して、Createボタンを押しました。
そうしたら、即座にApp登録完了!よし! ↓↓↓

次はこのAppを作ります。やりたいことは
1. 自分のアカウントにログインする
2. リストのそれぞれに登録されたアカウントの一覧をテキストで入手する
です。Python、Python〜!
(次回へ続く…)

おまけ:うさぎちゃんのLINEスタンプを描いています。カスタムスタンプコンテストにむけて出品予定。
みていた娘が
「私もLINEスタンプ作って出す!」と鼻息荒く宣言してきまして、早くペンタブを使わせろと、あおってきます。
なんでこんなに態度が大きいんだ。
しかし正直、娘のほうがセンスあるかも…。

Twitter APIを使うときのCallback URL設定って何だ?

風邪から復活しました…! Orange Forest のはしもとです。

前回からの続き、Twitter APIを新規登録するときに、Callback URLを入力する欄があり、「これなんだ?」となっておりました。

Callback URLとは

ここに説明がありました。https://developer.twitter.com/en/docs/basics/apps/guides/callback-urls

読んでみました。
… うーん。わかりません。

もうちょっとぐぐってみますと、
https://miyastyle.net/twitter-api
こちらのサイトで解説されています! どうやら、Callback URLは何かが終わったときに戻ってくるサイトだそうだ。

あ。いま入力画面を見たら、書いてありました。
翻訳してみます。

[訳]コールバックURLは、認証プロセス後にOAuthがリダイレクトできる宛先です。 OAuthが指定されたURLを有効として認識するように、コールバックURLを識別することが重要です。

… うーん。まだわかりません。
とりあえず、自分のブログサイトと並べてもうひとつ新しいブログサイトをWordPressで用意して、そのトップページをコールバックURLに指定することにしました。

ほかの入力もいろいろもろもろ…。
次の記事でまとめます!