DjangoサイトのSSL(https)化で、はまったところ

こんにちは。Orange Forestの橋本です。
自分のサイトを好きにつくって遊びたい!ということで、Djangoで構築中です。

「好きに」といっても、最低限の条件は整えたいので、サイトのSSL化をすることにしました。

どこかで「自作WebサイトのSSL化にはまって、何時間もかかってしまった〜!」というつぶやきを横目に見ながら2週間かけて、無事DjangoサイトのSSL化ができました。

SSL化とは、スマホやパソコンからWebサイトへのやりとりを暗号化することで、安全にサイトを使っていただくための仕組みです。
これで、
『http://サイト.com』 が
『https://サイトcom』 に格上げできた!

具体的な手順についてはこれからQiitaに書いてシェアしていく予定です。
その前にとりいそぎ、はまったポイントを書いておこうと思います。


DjangoサイトのSSL化で、はまったところ

  • Let’s Encript  を使って、無料でSSLを構築しようとしたが、設定がどうしてもうまくいかなかった! → 有料のさくらのSSLを使うことにした。
  • そもそも暗号化とか証明書とかの仕組みに疎くて、何をどうしたらよいのやら… →さくらのSSLから「次はこうしてください」と指示メールが来るので素直に従った。
  • 一通り設定を終え、httpd をリスタートしたらなぜかエラー! → 証明書関連のファイル( XXXX.crtとか)を作る時にコピペで編集した際、先頭行が切れていて、うまくペーストできていなかった(”—–BEGIN” で始まるはずが “EGIN” で始まっていた)。

どなたかの参考になれば幸いです!

P.S. 前の記事で書いたSlack、思った以上に快適です。
Slackを起動すると表示される一言メッセージが、心を温めてくれて、
「よーし今日もがんばっちゃう♪」ってなります。