Macでe-Taxを完結させるためにやったこと (2018/03/14版)

こんにちは。確定申告は e-Tax で行う派の、Orange Forest 橋本です!

去年までは申告書作成はMacで行い、最後の提出はWindowsパソコンでやっていたのですが、今回はついに、Macだけで手続きを完結させることができました♪
夜2時までがんばった甲斐があった…!


★ Mac で e-tax を完結させるために
やったこと ★


1. 【e-Taxソフト(Web版)】 は使わず、
【 確定申告書等作成コーナー 】を使いました。


2. OS や Safari が非推奨のバージョン(最新バージョン)でやったけど、できました。


3.  (1) JPKI と (2) JDK と (3) ルート証明書 をインストールしました。


4. カードリーダーのエラーがでたら、
Cookie削除→ブラウザ再起動→PC再起動
の順で試しました。


5. Safariの環境設定「セキュリティ」の
Javaプラグイン」の実行許可設定で、
keisan.nta.go.jp」を「オン」にするだけでなく
「安全なモードで実行」のチェックを外したら
うまくいきました。
(Optionキーを押しながらやると、外せます)


6. カードリーダーのドライバーは何も入れませんでした。


実施した環境

・パソコン:Mac mini
スクリーンショット 2017-08-02 14.36.39
・カードリーダー:gemalto IDBridge CT30
IMG_3047

そういえば、このカードリーダーはUSB3だと動いてUSB2だと動かないかも。

どなたかの参考になれば幸いです!

電子マネー活用に向けてポケットバックを自作!(完成)

こんにちは!Orange Forestの橋本です。

電子マネー対応ポケットバッグ。

糸をほどいて縫い直し、完成しました!

066D3EBE-C200-49BC-A066-E32C5F778333

こんどはちゃんとモノが入ります(当たり前)!

ふたをあけると、こんな感じ。

BC0EE87C-1587-4A38-822D-B60888C5031C

後追いで白いマジックテープを縫い付けました。後追いでつけたため、ミシン縫いができず手縫いで行いました。マジックテープって、こんなに固かったのか…。次は事前につけようと思います。

中は2つの部屋に分かれています。ピンクの仕切り布がだぶついていて、見た目的にはどうなのと思いますが、使ってみたらそれほど気になりません。キルト綿を入れたのでふかふかです。ここにスマホを入れるとまるでお布団のように包み込み、衝撃や落下から守ってくれます。

79E475C2-76C4-4247-B803-6DA74EC041E1

奥はスマホの部屋&小さいポケットがついているのでスーパーのポイントカードを入れます。手前の部屋にはモバイルWi-Fiとポールペン。外側のポケットには家と自転車のカギ。E8794F9C-AAA9-45BA-99F5-A977F84F0A94

 

さっそく使っています!なかなかいい感じです。このバッグを装着してスーパーに行き、スマホとポイントカードを出して

「スイカで払います♬」。

現金を数えなくていいのが楽〜!スマホの定位置ができたので、スマホを探すこともかなり減りました。

お気に入りで毎日使っているので、早くも汚れてきておりますが、お気に入りなのでそのまま着けて、この格好で高級ホテルにお出かけしてきました。

68CC1381-3AD2-49E8-8C39-EAA86B5202FE大丈夫でした。みんな優しかったです。

ちなみに部屋が散らかっているのは私ではなく子どもによるものです(念のため)。

次はポケットバッグの作り方を書こうと思います!

電子マネー活用に向けてポケットバックを自作!(失敗)

こんにちは!Orange Forestの橋本です。

さいきん、近所のスーパーで
「Suicaで払います♪」
と言って、スマホをかざして、ピッ!てするようになりました。
電子マネー生活、順調です。

そうなるとスマホがお財布以上に大事になってくる!
水没や落下を予防したいし、いつでもすぐに取り出せるといいなぁ…。

ということで、スマホ持ち歩き用にポケットバックを作ることにしました。

ポケットバックで実現したいこと:
・スマホをいつでもすぐに取り出せる。
・スマホの落下・水没防止(ポケットだと落ちちゃうことがあるので)。
・衝撃から保護する。
・スーパーのポイントカードも一緒に持ち運べる。
・家のカギも収納できる。ただしカギでスマホを傷つけないように。
・ハンカチや財布、筆記用具も入るといいなぁ。

というわけで、仕事の合間に作ってみたのがこちら!
IMG_2348

左のバッグ(大)。
中綿が見えてますね …。衝撃吸収のために綿を入れてみたんですが、なんかどこかで縫い方を間違えたみたいです。
ちなみに青色のフタ部分を開けると、中にものが入りません。閉じちゃってます。
なんかいろいろ失敗しました。

右の試作品バッグ(小)。
適当に縫うとやはり難しいかぁ…。ということで、次に作成手順をメモしながら試行錯誤して作ってみたのが、こちらです。なんかいい感じです。
これでついに電子マネー対応ポケットバックの作り方が確立しました! 次は左のバッグをほどいて、正式な手順で縫い直せば完成です!

教訓:
・試作品を作ってから本番を作ろう。
・手順は(面倒がらずに)メモしよう。

次回、完成品&作り方手順を公開します(コメントやメッセージをいただけると公開日が早まります♪)。

なんでも自分で作ってみるDIY派の橋本を始め、経験豊富なエンジニアたちが講師をつとめる工作&プログラミング教室。
小3から中3まで募集しております♪ 大人の方はご相談ください。

こちらからどうぞ♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

goannnai

現金から電子マネーにしたら、なんかいい感じです!

あけましておめでとうございます。 Orange Forestの橋本です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

今年から現金払いをやめて、できるだけ電子マネーを使っています。
ポイントがたまるとか、マイルとかそういうのが超苦手で、使っているのは今の所Suicaのみ。

 
やる前は「無駄遣いしちゃうかも…」と思っていたけれど、やってみたら全然そんなことなかった。今まで通りでした。
 
近所のスーパーのレジで「Suicaで払います」と言って、スマホをかざしてレシートをもらう。
お金を数えなくていいのが楽! レジの方も同様に楽!
いい感じです!
 
[やったこと]
・チャージが楽なように、モバイルSuica(Apple Pay)を導入した。
・スマホにZaimという記帳アプリを入れて、Suicaの利用金額がZaimに機械的に反映されるようにした。
 
これで、出費状況の確認もしやすくなった!ATMに行かなくてよくなった! 
スマホにお財布機能を持たせることに長年抵抗があったのですが、思い切ってやってみたら便利で便利で… もう戻れません(^_^)。
ちなみに現金から電子マネー化するだけなら、お財布スマホにする必要はなく、Suicaを使えばOKです。でもそれだと残金やどのくらい出費したかが見えにくいので、Zaimなどのアプリを活用するのがおすすめです。

Processing関連のノウハウを書いています

こんにちは! Orange Forest の橋本です。

Processingというプログラミング言語がありまして、これを使うと、プログラムでお絵描きしたりアニメーションが作れたりするんです。
絵描き兼プログラマとしては、もう運命の出会いとしか思えない…!

というわけで今、Processingを猛烈勉強中です。
いろいろわかったことをQiitaに書きためております。
↓↓↓↓↓

[Qiita]Processingで画像を表示する
[Qiita]ProcessingのLight関連設定
[Qiita]Processingで3次元空間に画像を貼り付ける方法

どなたか、いっしょにProcessingやりませんか〜?

MacBook Proのキーボードが(かなり)復活!

こんにちは。Orange Forestの橋本です。

愛用のノートパソコン (Macbook Pro)のキーボードにトラブルが発生しまして、「B」のキーを押しても、Bが表示されない…!
翌日、出張から帰ってきたら今度はNや右端のカーソルキーが動かない (T_T)。
検索してみたら、どうやらキーボードの下にゴミがはさまっている可能性が。

(お菓子を食べながらパソコンやっていたからなぁ…。)

と後悔しながら調べていたら、Appleから対策が出ていました。

MacBook や MacBook Pro のキーボードのお手入れ方法

これに従って、Amazonでエアダスターを買って、吹き付けてみました。
そしたら、

かなり直った!!

IMG_1457

Bとカーソルキーは、元どおりになりました!
Nのキーだけ、まだ違和感があります。きっとゴミがしっかりくっついているんだろうな。
でもかなり打ちやすくなって、ストレス解消。
Appleに修理に持ち込む前に試してみてよかった〜。


11月、12月開催。千葉幕張でプログラミング一日体験!
小3から中3まで募集しております♪
大人の方の見学も歓迎します。

こちらからどうぞ♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

goannnai


お子さまのがんばりを見える化!
iPhone用アプリ
がんばりポイント
カテゴリ: 教育
無料です♪

木の温もりあふれるプロジェクター台を作りました!

こんにちは!Orange Forestの橋本です。

今度の週末、プログラミングワークショップを開催します。
和室をお借りしてやるので、いわゆる会議室のような机とイスとホワイトボード、的なものはなく、こたつテーブルのみなんです。

じゃプロジェクターはどこに置こうかな… テーブルのスペースには限りがあるし、斜めに傾けて使いたいんだよな…。

というわけで、今回の会場に合うプロジェクター台を作ることにしました!
家にある杉板を2枚と、木切れ。
これで今回も適当に始めてみます。

IMG_1419

「お母さん何やってんの?」とやってきた人に早速、ヤスリがけを依頼。

IMG_1420

もう一人来ました。こちらもヤスリがけを依頼。

IMG_1421

3つの板は左から ・はさむ用、・底板、・上板(プロジェクターを乗せる用)です。板に溝を彫って、そこに板をはめるという構想です。

IMG_1422

 

彫刻刀で彫りました。木彫り、久しぶりです。

IMG_1423

2枚の板をちょうつがいで接続すると…

IMG_1434

うん、いい感じ。上の板と下の板、それぞれに溝を彫って、そこに小さい板をはさむと、

IMG_1435

こんな感じに!
IMG_1428

プロジェクター台の完成です♪ 材料費はだいたい200円くらいでしょうか。
IMG_1429

11月、12月開催。千葉幕張でプログラミング一日体験!
小3から中3まで募集しております♪
大人の方の見学も歓迎します。

こちらからどうぞ♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

goannnai

Xcodeで Could not load the “” image referenced from… が出た時の解決法

こんにちは。Orange Forestの橋本です。

今週はiPhoneアプリの制作をやっております。
久しぶりにQiitaに投稿しました。
誰かの役に立つといいなー。

Xcodeで Could not load the “” image referenced from… が出た時の解決法

がんばりの見える化で、お子さまのやる気スイッチをオン!
App Storeで「がんばりポイント」で検索♫
icon

LINE@ で友達追加してくれた友達が誰なのかを知る方法


ストアカ

橋本 久美子

千葉幕張でプログラミング一日体験!

 

こんにちは! Orange Forestの橋本です。

今年は「もの作り」の秋!ということで、プログラミングワークショップを開く準備をしています。

ワークショップ参加者の方と連絡をとる手段として「LINEがいいんじゃない?」と思い、お店向けのLINEである「LINE@(ラインアット)」を始めてみました〜♪

そうしたら想定外のことが。

LINE@の場合、友達追加してくれた方が誰なのかわからない。

なんと。お店側は、誰がファンになってくれたのか、わからないんです。
人数はわかるんですけど、それ以上の個人情報は受け取れないようになっています。
では個別に連絡したい時とか、どうしたらいいの?
↓↓↓

現状の仕組みではどうやら、

まず友達にメッセージを送ってもらう。そうするとその友達のアカウントがわかるので、あとは個別にメッセージのやりとりができる。

ということだそうです!
この情報は株式会社ILBさんのサイトで知ることができました。具体的なやり方も紹介されていて助かりました!

11月、12月開催。千葉幕張でプログラミング一日体験!
↓↓↓↓↓

goannnai

【きょうのカムロボ】ギアが治り、ついに誕生!

こんにちは。Orange Forestの橋本です。

わが家にやってきたカムロボキット。
組み立てたら、なぜかギアが「ギー」ってなって、うまく回ってくれない…。

そこに現れたのはダンナさん。
「ちょっと見せて」IMG_1151

そして…

ダ「片方がスムーズに動くようになった」
私「やったー!」
ダ「でも両方ネジ止めすると固くなって回らない…」
私「そっか…」

何度組み立ててみてもうまく行かない。

ちょっと現実逃避して、IchigoJamのモーターを回すプログラムを変更し、寄ってきた娘にさわらせてみます。

「すごい」を連発。IchigoJamでRUNと押すとモーターが動くのが新鮮なようです。

そして再びギアボックスへ。
歯車を一つだけつけて動かし、もう一つつけて動かし… とやっていたら、どこで動かなくなるかが特定できました。そこを見たら、

青いスペーサーが、なんか太すぎて歯車とぶつかって(干渉して)いるっぽい!

そこで気づきました。
「ひょっとすると、スペーサーってこれじゃないのでは?」

はい。スペーサーだと思っていた丸い部品は、ここで使うべきスペーサーではなく、もっと外側の、タイヤ近くに設置するべきものでした。

部品をまちがえた場所は、ここです!
IMG_1156
ここの青い部品が、隣接する黄色い歯車とぶつかってしまっていました。

正しい部品に替えて組み立て直したのがこちら。
IMG_1157これが正しいスペーサー!

そしたらもう、今までのことがうそのように、すんなり動いてくれました。

家族総出で取り組んだわが家のカムロボが、ついに誕生しました!
こちらです。

かわいいです!
背中に背負っているのは、乾電池ボックスです。

これを読んで作ってみたくなった方は、「タミヤ カムロボ」で検索してみてくださいね。
★タミヤのオンラインショップでは 「工作&クラフト」-> 「基本工作」->「楽しい工作シリーズ(セット)」にあります。
★Amazonでも買えます