IchigoJamにタッチパネルをつないでみることに

こんにちは。OrangeForest の橋本です。

最近、こども用の目覚まし時計がほしいなぁ…と思っていたところに

なんかいい感じのタッチパネルを見つけました。

これをこどもパソコンIchigoJamにつないで、画面に時刻表示やアラーム設定のボタンをつけたら、いい感じにできるのでは?
(その次は私の野望、プリキュアのリンクルスマホンみたいなやつが作れるかも… !!)

と期待をこめてAmazonで注文しました。
¥3,240-。
中国からの発送で、来週以降に着くそうです。

さて、うまくつながるか?
やってみてのお楽しみ。

続きはこちら!

IchigoJamでゲームを作ってみた!(子どもが)

こんにちは。OrangeForestの橋本です。

こどもパソコンIchigoJamを使って、川下りゲームを作ってみました!

今回は娘(7歳)が作りました!やったー!
といってもまだアルファベットがわからない状態なので、親の私は横でひたすら
「次はエックスだよ。エックスはここ!」
「ビックリマークは、えーと、、、あ、ここ」
「1行打ったらEnterキーを押すんだよ、エンター!」
と教えながら、励ましながら、そして

途中で投げ出して他の遊びをしたりおやつを食べたりして、
そしてまた戻ってきて、
娘「自分でやってみる!」
私「うん。わからなかったら聞いて」
娘「うーーー! もう! なに! キィーーー!」

と、文句言いながらも、よくがんばりました。

娘が作ったゲームのプログラムはこちら。

10 CLS:X=16
20 LC X,5:?"0"
30 LC RND(32),23:?"*"
40 WAIT 3
50 X=X-BTN(28)+BTN(29)
60 IF SCR(X,5) END
70 GOTO 20


作ったゲームで早速遊んでいました。

・ゲームを実行するときは

RUN

またはF5キーを押します。

・プログラムを見たり書き直したりするときは

LIST

をおします。

・作ったプログラムを保存するときは

SAVE 1

をおします。これで電源オフしても、パソコンの中にプログラムが残ります。

・作ったプログラムをもう一度使うときは

LOAD 1

をおします。

次は、目覚まし時計を作ってみようと思います。
(まだ思っているだけ…。 できるか? とりあえずタッチパッドを買ってみよう)

IchigoJamのはんだ付け、キーボード接続できた!

OrangeForestの橋本です。こんにちは。

先日買った、こどもパソコンIchigoJamを組み立てました!(わたしが)

用意したもの:
・はんだごて(Amazonで買った
・はんだ(Amazonで買った
・はんだごての台(Amazonで買った
計3,000円。

久しぶりのはんだ付け…。うれしい。
作業中の写真が見当たらないので

完成写真です!
・おもて
IMG_8645

・うら

IMG_8646

子供のあいてをしながら細心の注意をはらってはんだ付け。1時間かかりました。
で、動くかな〜と思ってキーボードとモニター、マイクロUSB電源をつないでみたら、

モニターには何か画面が映った!
でもキーボードをたたいても、何も表示されない…。

どうやらキーボード付近のはんだ付けが足りなかったようです。

はんだを追加でくっつけたら、OK!

キーボード入力ができるようになりました!

IMG_8652

テレビをモニターとして使っています。大きな真っ黒画面に白い文字というシンプルな表示です。

接続はこんな感じです。
IMG_8653黄色いのがテレビにつながっていて、
手前の緑色はキーボード、黒いのは電源へ。マイクロUSBです。

実はここまでくるのに
合計3つくらいキーボードを買ってしまいました…。
結局はんだ不良だったという…。

でもですね、今回買ったIchigoJamは、キーボードはPS/2対応で、かつコネクタの形状はUSBという、ちょっとわかりにくいものなんです。

そんなこんなで、最終的に使っているのはこのセットです。
・キーボード:
PS/2キーボード(10年以上前くらいの古いキーボードがあればそれを試してみましょう。うちはなかったのでAmazonで買いました

・PS2/USBアダプタ :
こういうやつです。
Amazonで買いました

計1,171円。

・モニタにつなぐ黄色いケーブル:
家にあったものを使いました。

・電源につなぐマイクロUSBケーブル:
家にあったもの(モバイルWi-Fiを充電するためのケーブル)を使いました。 スマホやタブレットを充電するときに使うケーブルでもOKだと思います(iPhone以外)。
IMG_8654はじめてのパソコンで何か打ってみている娘(7歳)。
打つたびに画面に “SYNTAX ERROR” と表示が出る。
それでも楽しいみたい。

 

 

娘が飽きた頃合いを見計らって、コードを入力してみます。

LED 1 (Enterキーを押す)

これを打ってIchigoJamのLEDが赤く光ったら、IchigoJam完成!

LEDを消すときは

LED 0 (Enterキーを押す)

です。
動作確認完了。おつかれさまでした!

次回はIchigoJamでゲームを作ってみます。

 

IchigoJam 買ってみた♥

iPhoneアプリ開発者の Orange Forest橋本です。

来月、キッズ向けプログラミング講座をお手伝いすることになりました。
前から興味があった分野なので、楽しみです。

講座では Ichigo Jamを使って、パソコンを組み立てるところからやるそうです。

IchigoJamを触ったことが無いので、
まずは自分用に買って組み立ててみることにします。


買ったもの

(全部合わせて5千円くらい)


ハンダづけ、久しぶりだなぁ。絵を描くのも楽しいけれど、こうしたモノ作りも
たまらないワクワク感があります。

うちの子どもたち(7歳、4歳)がどういう反応をするかな〜。