(つづき)Google Play クレジットカード不正請求の対応メモ

これまでの経緯はこちら

8. Google側の対処報告を聞く

Googleから電話がかかってきました。

・海外の第3者による、クレジットカードの不正使用でした。

・Googleアカウント自体の不正使用の形跡はありませんでした。

・ 対象のクレジットカード請求は過去120日間も含めてすべて取り消し、払い戻しの手続きを行います。

・さらなる被害を防ぐため、カード番号の変更をおすすめします。

・第3者による不正利用の具体的な内容については、開示できません。

・Googleでは以下の3つがそろうと、第3者がクレジットカードを使用することが可能です。
①カード番号 ②有効期限 ③セキュリティ番号

 

というわけで、クレジットカード不正請求の対応、完了です♫


【今回の学び】

・カード番号と有効期限とセキュリティ番号のセットがあれば、Googleで(第3者が私の名前を知らなくても、私の知らないところで私のカードで)買い物をすることができる。

・Google Playのクレジットカード不正請求は、解決できる。


そして、今後の対策としてはとりあえず、


【対策】

・外出先ではネットでの買い物を避ける
・セキュリティ番号の入力はできるだけ避ける


ですかね。(アドバイス求む)
あ、あと大事なのは


クレジットカードの明細を見よう!


です。
気づくことができれば、なんとかなる。

投稿者: Hashimot

6歳と9歳の育児をしながら iPhoneアプリ作りや絵の仕事に取り組んでいます。もの作りが好きで、最近のお気に入りはIchigoJamです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です